メディカルハーブブログ

メディカルハーブを中心に食や健康についてお話するブログです。

*

食品添加物&トランスファットのお話

      2015/11/02

a1180_015642_m日本は食品添加物大国と言われています。

日本国内で使用されている食品添加物は、既存添加物(天然)が365種類、指定添加物(合成)が438種類の計803種類ということで、この数は世界一だとか。ちなみに、アメリカでは140種類、イギリスにいたっては14種類に抑えられている。

いろいろな見解はあるとは思いますが、日本が世界一であっても、世界一でなくても、経験上必要以上の添加物があるということは言うまでもありません。
例えば、虫も寄り付かず腐ることの無いファーストフードを筆頭に、コンビニおにぎりやお弁当などのラベルには全く知らない名前の添加物や恐ろしいPH調整剤と言う文字があります。

一方、食品添加物と並んで悪名高い、トランスファット。
これは日本では無法地帯でございまして、海外ではトランスファットを表示することが当たり前。
トランスファットの塊とも言えるマーガリンは、バターの高騰で幅をきかせています。
そして、直接ではありませんが、これまた悪名高い「サラダ油」の存在も忘れてはいけません。
サラダ油は、ほんの少しの熱で大量のトランスファットに変化します。

そんなことを考えただけでも何も食べられなくなってしまいます。

まぁ、要するに宣伝になるのですが・・・。
「食品添加物やトランスファット」を摂取しないことはほとんど無理でございます。
そこで、救世主的なメディカルハーブのご紹介です。

ランチューというメディカルハーブがあります。
これは、タイ伝統医学(ペートペンタイ)では、毒消し(デトックス)ハーブでして、さそりの毒やふぐの毒などの治療に使われるハーブです。
近年は、薬物中毒患者への投与実験で大きな成果が上がっているとのことです。
そして、このハーブ、当然、件の「食品添加物やトランスファット」も解毒(デトックス)してくれるのです。
あと、お酒に酔っ払ってしまったときにも活躍してくれます。

ご興味のある方はリンクしておきますので、ご参考に!

 

ランチュー

 - , , , , ,